山浦さん メルマガ有難うございます! 
本当に無料でいいんですか?という内容で、感動しました。
このような中身のあるメルマガにははじめて出会い感動しました。
NLPのイメージが変わったのも、山浦さんのブログからなんです。
いつも本当に有難うございます。

山浦さん こちらこそ有難うございます。
山浦さんの熱い思いが伝わってきました。
私がはじめてNLPに触れた印象があまりにも悪くて、
最初は毛嫌いしていたのですが、
そんな頃に山浦さんとの出会いがあり、
山浦さんのブログやFBでのコメントで学ばせて頂いております。
その誤解の訳も分かってきました。(笑)
確かにどんな分野においても、伝える方によって印象が変わりますね。
本当に心から感謝しております。
これからもよろしくお願いいたします。(*´∀`*)

甲斐 由美子さん
甲斐さんのブログ「お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン」

メルマガじゃないメールセミナーは
地図は領土ではない・・・というNLPの前提についてでした。
「地図は領土ではない」の記事

NLP:神経言語プログラミングの仕掛けって
とてもシンプルです。
複雑じゃないって事なんですが(^_^;)

NLPの前提である「地図は領土ではない」という言葉も
とてもシンプルに、脳の知覚について語っています。

で、シンプルという事と「簡単」ということは別モノです。

アインシュタインの相対性理論。
高校のとき、これにめちゃくちゃハマってしまいました。

相対論の中でも特殊相対性理論というのがあります。
慣性系の運動について記述したものが特殊相対論。
加速度系についてのものは一般相対論。

で、特殊相対論の有名な方程式。
E=mc2

慣性系で運動する物体を外から観察すると
どのくらい時間がゆっくり進むかをピタゴラスの定理を使って計算していくと
最終的に
E=mc2
という式にたどりつきます。
(すんごい大雑把な説明なので、ツッコミ御免w)

E=mc2
実にシンプルで美しい式です。
高校のとき、自分で実際に計算していって、この式を導き出したとき
とぉっても興奮して感動したのを覚えています。

E⇒エネルギー
m⇒質量
c⇒光速

エネルギーは、質量と光速の2乗の積に等しい
・・・という、とてもシンプルな物理世界の仕掛けです。

ですが、この式が語る世界は、決して「簡単」には理解出来ません。
高度な抽象度と数学的にリアルな感性が必要です。

ちなみに、この有名な式が
原子力の開発に繋がっていきます。

物理世界をとてもシンプルにかつ美しく表現した数式ですが
そう簡単には、体感して理解することは出来ません。

ですが、筋道立って数学的に思考していけば
高校生レベルの知識があれば
実体感のあるものとして、理解することは出来るものです。

「地図は領土ではない」というNLPの言葉も同じだと思うのです。

脳が、現実世界を知覚するプロセスや仕掛けを理解している人なら
この言葉は、とてもリアリティをもって理解できるし
通じ合うことが出来る言葉にもなります。

ですが、情緒的・文学的に「簡単」に理解しようとすると
単なる概念の遊戯になってしまうことでしょう。

難しいというと聞こえはいいし、一応かっこよさもあったりしますが
その難しさの実態は、頭使って読解するのが面倒くさいという場合が多いです。

心とは、ズバリ!
脳の活動であり、脳内での化学反応であり、神経回路のネットワークです。
その心を豊かにしたいと願っているはずなのに
心を創りだす脳を退化させ錆びつかせるようなEasyな選択をするなんて
とぉ~~ってもナンセンスだと思いません??

難しさを避けて、ルンルン癒しのほんわかお花畑に行っちゃう人は
脳を錆びつかせて、心を貧しいものにする道を
みずから突き進んでいることに
そろそろ気づいてもいいんじゃないかなぁ。

ピアノの生徒もそうなのですが
ちょっと楽譜の音符の密度が高くなると
とたんに「難しい」ってなります。
本当は、そう見えるだけで大して難しくないものです。

で、弾きやすい曲とか楽チンな曲ばかりやっていたら
どうしたって、上達なんかしません。
音楽の楽しさも醍醐味も、永遠に体験できないままです。
あったり前ですよねぇ(^_^;)

メタモデルミルトンモデル を難しいといって練習しないNLPな人っていますけど
あのNLPの巨匠クリスティーナ博士でさえ
ジャストミートのメタモデルの質問が自然に出来るようになるのに
十数年かかったっておっしゃってます。

脳の活性化とか、ワクワク右脳開発とか、
そういう事をファンシーに言ってるわりには
専門的な事とか難しそうなものを忌み嫌うのって
とぉ~~~~っても、矛盾していると思うのです。
違いますか??

言葉を大切にするとか、言葉の感性とか言うお花畑な人たちは
いったいどれだけ、古今東西の名文や詩、
短歌や古典に日頃親しんでいるのでしょうか?
僕には、そっちのほうが難しくて理解できません。

脳を活性化させたいのなら
心理ワークとか宇宙と繋がろうなんて事よりも
いろんな分野の専門書を次々と、格闘しながらでも読破していったほうが
脳の抽象度は、めちゃくちゃあがって、
脳の計算処理効率(クロックサイクル)も、俄然アップするものです。

そうやって鍛えられた脳は
悩みや問題にぶち当たっても、
発揮するパフォーマンスがケタ違いに凄いことは
ちょっと想像してみれば、わかるはずです。

お花畑な脳の活性化や心理なんとかから
ほんと、目を覚まして欲しいと思うので
何度でも、力説するわけです(^^)

脳を錆びつかせるような道を選ぶ一方で
心を豊かにしたいとは、これ如何に!

体力とともに根気がなくなって、無精グセがついて
スマホが難しいとぼやいているオッサンやオバサンと同じだと
危機感を持って気づいて、チャレンジして行こう!